Welcome to ISQua Login | Register | Contact Us

QIと病院運営:アウトカム向上への包括的アプローチ
Clinical Outcome Improvement and Strategic Organizational Management with Professor Yuichi Imanaka
 

日程: 2014年7月1日

Date:  
1 July 2014

演者
: 今中 雄一. 公益財団法人 日本医療機能評価機構 執行理事。 京都大学 大学院医学研究科 医療経済学分野 教授。

Presenter:  Professor Yuichi Imanaka, 

Executive Board Member - Japan Council for Quality Health Care, 

Professor of Healthcare Economics and Quality - Kyoto University Graduate School of Medicine



参加者の感想

Participants Feedback

 

"医療の質とマネジメントの関係をデータに基づき分かりやすく解説いただけました。”

境 孝子
宮崎県看護協会会長

"This clearly explains the relationship between management and quality of healthcare based on data.

Takako Sakai
Miyazaki Nursing Association, President

 



 

“他の経営幹部に組織風土、医療の質、見える化の話をする際にたいへん参考になりました。”

原田佳明
協仁会小松病院 名誉院長

It was very informative and I know that I will be able to explain the organizational culture, quality of health care and visualization to other executives more easily."
 
Yoshiaki Harada
Kyojinkai Komatsu Hospital, Honorary Director

 



Webinarについて

About the Webinar

治療アウトカム向上を含む医療の質の向上は、各々の臨床現場の力に因ります。しかし、個々の医療者の努力のみならず、病院運営全体で医療の基盤を構築していくことが、極めて重要となります。そこにはマネジメント力、経営力が求められます。それに関して組織をレビューするチェックリスト(暫定版Ver.1)も提示し議論します。

Clinical outcome is associated with multiple factors. They cannot be covered only by efforts at individual professional levels. For outcome improvement, what we need is organizational management. This management framework includes reviewing mission, performance visualization and information sharing, multi-professional project and team building, implementation of comprehensive review, grasp of internal and external environment, training and motivation improvement, networking, re-engineering processes and structures, resource allocation decision, and commitment of top management.  A checklist to review the organization is also proposed and discussed.

 

  

演者について

About the Presenter

今中 雄一:  (公財)日本医療機能評価機構 執行理事.京都大学大学院医学研究科 医療経済学分野 教授.東京大学卒、医博、MPH、PhD、内科学会認定内科医、死体解剖資格.研究領域:医療の質と経済性、医療政策・医療経営.

Professor Yuichi Imanaka is Executive Board Member for Japan Council for Quality Health Care (http://jcqhc.or.jp/pdf/top/english.pdf ), and Professor and Head of Department of Healthcare Economics and Quality, Kyoto University Graduate School of Medicine (http://med-econ.umin.ac.jp/), since 2000. He was trained in the University of Tokyo (M.D., DrMedSci), and the University of Michigan (MPH, Ph.D). His main theme is to visualize and design the health care system and its future. He is engaged in several national and nation-level projects which methodologically include big data analytics, system simulation and design, and performance measures of institutions and regions. He was Executive Board Member (1997-2003) for ISQua. He is also on the boards of national academic societies for Health Administration, Public Health and Health Economics. He served as a member of International Hospital Federation & WHO study group on hospital sector reform, and a member of OECD & WHO Health Care Quality Improvement Network in the Asia Pacific Region (2012-2013).

 

 

Fellowship Questions


Q1. 今回の講義内容の趣旨に適うものを一つあげよ。

a. 臨床的なアウトカムは、その専門領域の医師にまかせ、他は一切関わらない。
b. 担当チームの責任医師以外を中心として、アウトカム向上のチームを作る。
c. アウトカム向上のためのチームは、関連する複数診療科の医師だけで構成する。
d. アウトカム向上のために、病院幹部も関わる。
 

Q2. 今回の講義内容の趣旨に適わないものを一つあげよ。

a. アウトカム指標を見られるのは、直接にケアに関与する多職種チーム内だけにとどめるようにする。
b. アウトカム指標の推移を、多職種チームで共有する。
c. 対象疾患のクリニカルパスを、医師のリーダーシップで、多職種参画して作る。
d. 当該疾患のアウトカム向上を、病院全体で実現を目指す目標、病院全体の目標として位置づける。


Q3. 今回の講義内容の趣旨に適わないものを一つあげよ。

a. アウトカム指標に係る死亡症例等について、医師中心に多職種(事務系も)加わり、包括的に検討する。
b. 搬送前からの院外連携も視野に、診療プロセス全体をレビューする。
c. 事故分析で使われる根本原因分析(RCA)の枠組みは、アウトカム指標向上のための症例検討では利用するべきでない。
d. 該当するプロセスに係る各人の業務(役割、分担・連携)と目指す技能のレベルを明らかにし、向上させる。