Welcome to ISQua Login | Register | Contact Us

日本における診療ガイドラインの活用促進

Implementation of Clinical Practice Guidelines in Japan

日程: 2014年10月21日 

演者: 

山口 直人
公益財団法人 日本医療機能評価機構 特命理事
東京女子医科大学医学部教授

 

Date:  21 October 2014

Presenter:
 
Professor Naohito Yamaguchi,  Executive Board Member - Japan Council for Quality Health Care,  Professor and chairman - Department of Public Health, School of Medicine, Tokyo Women’s Medical University.

 




参加者の感想
Participants Feedback

“Mindsの実体が分かりました。また、患者本位の説明の必要性が問われていると思いました。”
 
槇島洋子
病院機能改善室 看護科長

“This clearly explains the MINDS project and I can fully appreciate the importance of the patient-centered perspective.”  

Yoko Makishima
Division of Quality Improvement, Chief Nurse



“診療ガイドラインの活用に関し、現場の具体的な声にもとづいた分析結果について示されていて分かりやすかった。”
 
矢口明子
 
“It is very informative as the results it provides reflects the feedback of staff who have implemented clinical practice guidelines.”
 
Akiko Yaguchi



 

Webinarについて
About the Webinar

MINDSは日本医療機能評価機構の情報サービスであり、2002年以来、厚労省の資金により運営されています。MINDSは、診療ガイドラインを評価選定して質が高いものをウェブサイトで公開することで、医療者と患者の双方が意思決定において十分に活用できるように支援しています。MINDSのご紹介ならびに、2014年に開始した診療ガイドライン活用促進プロジェクトの取り組みについてお話しします。

MINDS is an information service provided by the Japan Council for Quality Health Care.  The MINDS is financially supported by the government since its inception in 2002.  The MINDS helps medical practitioners and patients to fully utilize high quality clinical practice guidelines (CPGs) in their clinical decision making. CPGs developed in Japan are formally evaluated, and CPGs with high quality are disseminated through the MINDS website.  In 2014, we added in our activities the guideline implementation project, and the effects of implementation are assessed by quantitatively measuring the change in outcomes of daily practice by quality indicators.

 

演者について
About the Presenter

1978年に慶應義塾大学医学部を卒業し、疫学と公衆衛生学の教育と研究を開始した。産業医科大学助教授、国立がんセンター研究所部長を経て2002年から東京女子医科大学医学部教授。また、公益財団法人日本医療機能評価機構の特命理事としてEBM普及推進事業(MINDS)を担当している。MINDSは日本で公開される診療ガイドラインの網羅的検索と評価選定を実施しており、MINDSウェブサイトには100以上の診療ガイドラインが選定されて掲載されている。

Naohito Yamaguchi graduated from Keio University School of Medicine, Japan, in 1978, and started his career as researcher in epidemiology and public health.  Currently, he is professor and chairman of Department of Public Health, School of Medicine, Tokyo Women’s Medical University.  He is also Executive Board Member of MINDS Center of Japan Council for Quality Health Care. MINDS Center is the clearinghouse of clinical practice guidelines in Japan, and its activities range from support for guideline development to dissemination and implementation of more than 100 clinical practice guidelines through MINDS website.

 

確認問題(フェローシップ登録者用)
Fellowship Questions

ライブ視聴していないフェローシップ登録者は、以下の問いに回答してください(必須)。

各問に対する答えを選択肢の中から選び、単位を申請する際に提出してください。

These questions are mandatory for Fellowship Participants who did not attend the live webinar.  

Choose the correct answer for each of the multi-choice questions below and submit the answers when claiming your credits.


1. 診療ガイドラインの価値を高めるポイントでないのはどれか

a. 患者中心医療の重視
b. エビデンス総体の評価と統合
c. 学界等の権威者による推奨作成
d. 患者が重視するアウトカムの改善

2. 診療ガイドラインの活用を阻害する因子はどれか

a. 医療費が上昇する
b. 訴訟が懸念される
c. 患者側の拒否が多い
d. 信頼性への認知が低い

3. 診療ガイドライン活用の評価に有効なのはどれか
a. 医療収支額
b. 外来患者数
c. 医療訴訟件数
d. クオリティインディケーター