Welcome to ISQua Login | Register | Contact Us

医療メディエーション:有害事象発生時の患者家族との対話モデル

Medical Mediation: Model for talking to Patient & Family after Adverse Event

日程: 2015年7月30日 

演者: 和田仁孝
早稲田大学教授

Date:  30 July 2015

Presenter: Professor Yoshitaka Wada, Waseda Law School





参加者の感想
Participants' Feedback

医療対話推進者の役割をしっかり発揮していくことで患者さんや家族のつらさなどが癒されると学びました。

比嘉智江子
医療安全管理者

"I learned that the hardship of participants and their families is healed by playing our full role as medical safety manager."

Chieko Higa
Medical Safety Manager

_____________________________________________________________________________________ 
 

Webinarについて
About the Webinar

医療メディエーションは、有害事象が発生した際、患者家族の感情を受止めつつ、他方、患者側と医療側の認知枠組みの相違に起因する認知対立を、メディエーターと呼ばれる人材が、対話を支援することで克服していこうとするモデルである。患者・家族が示す表層の要求や言葉に直ちに反応するのでなく、その感情や言葉の背後で本当に求めているものは何かを見出しながら、当事者の気づきを促し理解を促進するモデルである。

Importance of disclosure and apology after medical accident happened is now widely accepted. However, misunderstandings and conflicts may happen in the process of disclosure conversation, even when physicians are sincere and honest, because of the difference of socially constructed perspectives on healthcare and accidents between physicians and patients. In Japan, mediation skills are recently considered to be useful to support disclosure process and many risk managers are receiving mediation training. They help physicians and patient family in disclosure conversation in order to reduce emotional and some factual conflicts by healing patient family’s suffering and anger, by promoting amicable conversation and information sharing. 

  

演者について
About the Presenter

早稲田大学法学学術院教授、法学博士(京都大学)
1979年京都大学法学部卒業
1986年京都大学大学院法学研究科修了
(この間、1982年~1984年ハーバード・ロー・スクール研究員)
1988年九州大学法学部助教授
1996年九州大学法学部教授
2004年より現職
日本学術会議連携会員、日本法社会学会理事、日本医療メディエーター協会代表理事
著書:『医療メディエーション』ほか多数


J.S.D - Kyoto University, Japan - 1986
LL.M -Kyoto University, Japan, 1981
LL.B - Kyoto University, Japan - 1979
Dr. Yoshitaka Wada is a Professor at Waseda Law School. He teaches Alternative Dispute Resolution, Mediation, and Health Care and Law.  His research interests include Law and Society Theory, Medical Malpractice, and Mediation. He has published many books including, Healthcare Conflict Management, Deconstruction of Law and Society Studies, Skills for Legal Counseling, and Negotiation and Dispute Resolution. He is also serving for Japan Healthcare Mediator Association as vice president and for the Center for Dispute and Negotiation Research as a chair.

講演資料
Presentation

ISQua Webinar_July 2015 _ Prof Wada


確認問題(フェローシップ登録者用)
Fellowship Questions

1. 医療メディエーション過程の説明として適切なのはどれでしょう?

a. 常に3者構造の話し合いの場から始める
b. メディエーターが論点を整理し判断を示していく
c. 患者の話を尊重して、ただ傾聴を試みる
d. 1対1での対話を踏まえ3者で情報共有と対話促進を行う


2. 患者と医療者の認知にずれが生じるのはなぜでしょう?

a. 患者と医療者は、もともと対立的関係にあるから
b. 患者と医療者は異なる認知フレームを通して現実を見ているから
c. 医療者の説明が不十分だから
d. 患者の理解力に問題があるから
 

3. 医療メディエーターの役割として適切なのはどれでしょう?

a. 法的に賠償額などを決めていく調停のようなもの
b. 患者に対し、医療側に代わって見解や主張を説明すること
c. 患者と医療側の対話がうまく進むように支えるもの
d. 患者の主張を医療側に伝える通訳者のようなもの