Welcome to ISQua Login | Register | Contact Us

日常診療における診療ガイドライン活用法の基礎

The Basics of Using Clinical Practice Guidelines in Daily Practice

日程2017年3月16日 

演者: 

山口直人
公益財団法人 日本医療機能評価機構 執行理事
東京女子医科大学医学部教授

 

Date:  16 March 2017

Presenter:
 Naohito Yamaguchi
Executive Board Member - Japan Council for Quality Health Care, Professor and chairman - Department of Public Health, School of Medicine, Tokyo Women’s Medical University

 






参加者の感想
Participant Feedback

患者さんとのコミュニケーションがますます重要になってきていて、医療であっても治療の決定権は患者側にあるという現実を受け入れ、医療者と患者がまさに協働していく時代であることを実感した。
 
安食 愛彦
札幌南青洲病院 臨床検査技師
 
“I realized that communication with patients is vital. Healthcare professionals should understand that the person who has the right to make the final decision on their healthcare is the patient themselves. Healthcare professionals need to collaborate closely with their patients.”  

Yoshihiko Ajiki
Sapporo Minami Seishu Hospital/Medical Technologist
______________________________________________________________________________________

 診療ガイドラインの仕組みと使い方が分かり役に立つと感じた。
 
井上 高彦
柴田長庚堂病院 / 薬剤師
 
“This lecture was very beneficial for me as it summarizes the clinical guidelines system and how it should be used.” 
 
Takahiko Inoue
Shibata-cho-ko-do Hospital / Pharmacist
 


Webinarについて
About the Webinar

診療ガイドラインの主な目的は、日常診療において、患者と医療者による意思決定を支援することである。そのために、診療ガイドラインは、重要臨床課題をクリニカルクエスチョンとして明示し、最新のエビデンス、患者の希望、価値観などを考慮して、推奨を提示する。本ウェビナーでは、日常診療で診療ガイドラインを活用する際に考慮すべき基本的な事項を解説する。

A clinical practice guideline aims at supporting patients and clinical practitioners in making decisions in daily practice. To achieve this goal, a clinical practice guideline provides recommendations for clinical questions of key clinical issues, based on current evidence and patients’ preference and value. In this webinar, the basics of using clinical practice guidelines are discussed.



演者について
About the Presenter

山口直人
1978年に慶應義塾大学医学部を卒業し、疫学と公衆衛生学の教育と研究を開始した。産業医科大学助教授、国立がんセンター研究所部長を経て2002年から東京女子医科大学医学部教授。また、公益財団法人日本医療機能評価機構の執行理事としてEBM普及推進事業(Minds)を担当している。Mindsは日本で公開される診療ガイドラインの網羅的検索と評価選定を実施しており、Mindsウェブサイトおよびタブレット用アプリMindsモバイルには170以上の診療ガイドラインが選定されて掲載されている。

Naohito Yamaguchi graduated from Keio University School of Medicine, Japan, in 1978, and started his career as a researcher in epidemiology and public health. Currently, he is professor and chairman of Department of Public Health, School of Medicine, Tokyo Women’s Medical University. He is also Director of Minds Center of Japan Council for Quality Health Care. Minds Center is the clearing house of clinical practice guidelines in Japan, and its activities range from support for guideline development to dissemination and implementation of more than 170 clinical practice guidelines through Minds website as well as tablet-based service called Minds Mobile.