Welcome to ISQua Login | Register | Contact Us

産科医療補償制度:創設の経緯、実績、見直し後の拡大について

The Japan Obstetric Compensation / Peer Review System For Cerebral Palsy : History, Achievements and Revision for Expansion

日程2015年2月10日


演者: 

後 信
公益財団法人 日本医療機能評価機構 執行理事
九州大学病院医療安全管理部教授・部長

 

Date:  10 February 2015

Presenter:
 Professor Shin Ushiro, Executive Board Member - Japan Council for Quality Health Care, 
Professor and Director, Division of Patient Safety, Kyushu University Hospital

 




参加者の感想
Participants Feedback


“産科補償制度について非常にわかりやすくまとめていただいたと感じました。
脳性麻痺発症頻度の推計に沖縄県のデータが用いられた理由について初めて知ることができました。”

安藤昭彦
さいたま赤十字病院 副院長

“It clearly explains the Japan Obstetric Compensasion System for Cerebral Palsy. I did not know the reason why the Okinawa data was used to estimate the frequency of Cerebral Palsy.”

Akihiko Andoh
Assistant Director Saitama Red Cross Hospital
 

Webinarについて
About the Webinar

当機構では、産科医不足や紛争の増加に対応して、2009年に産科医療補償制度の運営を開始しました。現在99.8%の分娩機関が参加しています。本制度は無過失補償と原因分析・再発防止の機能を有しています。最近では、再発防止のための取り組みとして、重度脳性麻痺事例のCTG(胎児心拍数)モニターを分析した教材を作成しました。今後本制度は、産科医療の質の向上において一層の影響を及ぼすものと期待されています。

The Japan obstetric compensation system for cerebral palsy was launched in 2009 in response to the shortage of obstetricians and snowballing conflict regarding profound cerebral palsy. The system has been operated with 99.8% participation of childbirth facilities. It is comprised of such major functions as no-fault based compensation and peer review/ prophylactic activity. The lawsuit cases in obstetrics and gynecology have been declining in recent years. For prophylaxis, a new textbook on Cardiotocography of profound cerebral palsy case has just been published. It is expected that the system will be more effective in the improvement of obstetric care in Japan. 

 

演者について
About the Presenter

後 信(うしろ しん)
(公財)日本医療機能評価機構 執行理事
九州大学病院医療安全管理部 教授.
九州大学卒、医博、MD、PhD.
研究領域:医療安全、有害事象報告システム、無過失補償.

 

Professor Shin Ushiro is Executive Board Member for Japan Council for Quality Health Care and Professor of the Division of Patient Safety Management- Kyushu University Hospital, Kyushu University Graduate School of Medicine. He currently is an ISQua Expert. He serves as a member on patient safety or clinical research in various scientific entities. His main theme is to promote patient safety based on lessons learned from intramural and/or nationwide adverse event (AE) reporting system. He has been engaged in nationwide AE reporting system for approximately ten years in JCQHC and crafted dozens of quarterly reports and monthly alerts.

 

確認問題(フェローシップ登録者用)
Fellowship Questions

ライブ視聴していないフェローシップ登録者は、以下の問いに回答してください(必須)。

各問に対する答えを選択肢の中から選び、単位を申請する際に提出してください。

These questions are mandatory for Fellowship Participants who did not attend the live webinar.  

Choose the correct answer for each of the multi-choice questions below and submit the answers when claiming your credits.

1. 産科医療補償制度について、以下のa~dの中から誤っているものを選べ。

a) 「補償」の機能と「原因分析・再発防止」の機能とを併せ持つ制度である。
b) 「補償」は、過失の有無を問わない無過失補償の考え方に基づいている。
c) 本制度は、「分娩時の医療事故では、過失の有無の判断が困難場場合が多く、裁判で争われる傾向があり、このような紛争が多いことが産科医不足の理由のひとつ」という認識に基づいて制度の枠組みが提示された。
d) 脳性麻痺は防ぐことが出来ない病態なので再発防止は困難であり、制度では再発防止には取り組んでいない。


2.  産科医療補償制度について、以下のa~dの中から正しいものを選べ。

a) 産科医療補償制度の補償対象基準は2015年1月1日から変更された。
b) 産科医療補償制度の補償対象基準は2009年1月1日に制度が開始されてから同じ基準を採用している。
c) 産科医療補償制度の補償対象基準は2009年1月1日に制度が開始されてから、制度をよりよいものにするために毎年変更されている。
d) 産科医療補償制度の補償対象基準は2009年1月1日に制度が開始されてから、制度をよりよいものにするために2年に1回変更されている。

3.  産科医療補償制度の機能について正しいものを選べ。

a) 産科医療補償制度は重度脳性麻痺事例に対する補償と原因分析・再発防止の2つの機能を併せ持つ制度である。
b) 産科医療補償制度は重度脳性麻痺事例に対する補償の機能のみを持つ制度である。
c) 産科医療補償制度は重度脳性麻痺事例に対する補償と原因分析の機能を持つ制度であり、再発防止の機能は学術団体や職能団体の役割として切り離している。
d) 産科医療補償制度は重度脳性麻痺事例に対する原因分析・再発防止の機能のみを持つ制度であり、補償の機能はない。