Welcome to ISQua Login | Register | Contact Us


Visualizing Organizational Culture and Improving Quality Performance

日程: 2015年9月17日 

演者: 今中 雄一
公益財団法人 日本医療機能評価機構 執行理事
京都大学 大学院医学研究科 医療経済学分野 教授

Date:  17 September 2015

Presenter: Yuichi Imanaka, Executive Board Member - Japan Council for Quality Health Care, 
Professor and Head of Dept. Healthcare Economics and Quality Management - Kyoto University Graduate School of Medicine


Participants' Feedback


戸根 経夫
社会医療法人若弘会 常務理事

"This webinar reinforced the message that improving safety alone will not develop hospitals - the organisational culture must also be improved."

Keio Tone
Medical Corporation Managing Director


鵜飼 カヨ

“This lecture was very beneficial for surveyors as it summarizes the fundamentals of quality and safety in health care which we can refer to at on-site surveys.”

Kayo Ukai
Former Surveyor, Japan Council for Quality Health Care

About the Webinar


Organizational culture influences staff's beliefs, attitudes and behaviors. Evidence shows that it is the real key in quality, safety, efficiency and productivity of health care institutions. Through visualizing organizational culture of hospitals, wards, professions and teams, we can re-consider how to build up resilient and high-performance organizations in rapidly changing environments.

About the Presenter

今中 雄一
(公財)日本医療機能評価機構 執行理事.京都大学大学院医学研究科 医療経済学分野 教授.東京大学卒、医博、MPH、PhD、内科学会認定内科医、死体解剖資格.研究領域:医療の質と経済性、医療政策・医療経営

Professor Yuichi Imanaka is Executive Board Member for Japan Council for Quality Health Care (http://www.en.jcqhc.or.jp/), and Professor and Head of Department of Healthcare Economics and Quality, Kyoto University Graduate School of Medicine (http://med-econ.umin.ac.jp/), since 2000. He was trained in the University of Tokyo (M.D., DrMedSci), and the University of Michigan (MPH, Ph.D). His main theme is to visualize and design the health care system and its future. He is engaged in several national and nation-level projects which methodologically include big data analytics, system simulation and design, and performance measures of institutions and regions. He was Executive Board Member (1997-2003) for ISQua. He is also on the boards of national academic societies for Health Administration, Public Health and Health Economics. He served as a member of International Hospital Federation & WHO study group on hospital sector reform, and a member of OECD & WHO Health Care Quality Improvement Network in the Asia Pacific Region (2012-2013).

Fellowship Question

1. 今回の講義内容の趣旨に合うものを一つあげよ。
a. 臨床的なアウトカムには、病院全体の組織文化は関係が無い。
b. 組織文化の状況は、その組織のリーダーによるところが極めて大きい。
c. 医療安全がより確立された組織文化をつくるには、まずは、事故リスクの高い診療科の医師が集まり検討することが必須である。
d. 組織文化の状況は、職位の低い職員個々人によるところが極めて大きい。

2. 今回の講義内容の趣旨に合わないものを一つあげよ。
a. 組織文化は、通常、目に見えない。
b. 組織文化は、人々に意識されないままに、人々の考え方や行動に影響を及ぼす。
c. 組織文化は、その組織のリーダーによっても、意識的に変化させることはできない。
d. 事故を防止するために、組織文化に着目することが重要であるのは、医療界だけではない。

3. 今回の講義内容の趣旨に合わないものを一つあげよ。
a. 学習する組織では、対話を行うスキルを向上させ、対話を行う場をつくっていくことが重要である。
b. 学習する組織とは特に関係ないが、ビジョンを共有したり、状況をシステムとして捉えるシステム思考をもつことは、組織の経営に重要である。
c. 一人一人が継続的に自己の能力向上に取り組むことは、学習する組織の基盤である。
d. 変化の激しい医療制度下においては、問題を発見し解決する力、継続的に成長し変革する力をもつ学習する組織が、益々重要となろう。